珍しい野菜の種を販売しています!

ヤフオクで珍しい野菜の種

信太の「珍しい野菜の種」ヤフオクページが開きます

家庭菜園の楽しみの一つは、スーパーなどの野菜売り場では買うことが出来ない野菜を栽培することではないでしょうか?

僕もこれまで珍しい野菜を作ってきました。ゴールデンベリーやイタリアのナスやトマト、珍しい形のズッキーニなどなど、日本では一般的ではない野菜をたくさん育ててきました。

「私も珍しい野菜の種がほしい!」という家庭菜園ファンはたくさんいると思います。

そんな人たちの為に、なんと、珍しい野菜の種の販売をはじめました!!

と言っても本格的に種屋さんになる訳ではありません。ヤフーオークションで種を販売することにしたのです!




珍しい野菜は固定種なら必ず自家採種!

自家採種も僕の趣味のうちの一つです。

自家採種するのはもちろんF1種ではなく、固定種です。今まで数多くの固定種を作ってきました。
その固定種は全て自家採種して来ました。

ちょっと珍しいトマトのラインナップを見てみましょう!

珍しいトマトの種

▶ アロイトマト

アロイトマトの栽培

「アロイ」はタイ語で「美味しい」と言う意味で、「美味しいトマト」という名前を持つ奇跡のトマトなのです。

なぜ奇跡かと言うと、アロイトマトの先祖は誰もがよく知ってる桃太郎トマトです。

しかし、桃太郎トマトはF1種と言って人為的に2つ以上の種類の良いところをとって作られたりする作物のことで、通常そのトマトから採れた種を蒔いても「桃太郎」は出来ずに、先祖返りしたトマトが出来てしまいます。

なので桃太郎を栽培する農家では、毎年種か苗を買って栽培するのです。

しかし、F1種から種は取らないという常識を打ち破り、繰り返し種を取り続け、最終的に高糖度トマトとして完成したのがアロイトマトです。

▶マイクロトマト

マイクロトマトの種

マイクロトマトは最近知名度が少しずつ上ってきましたが、まだまだ珍しいトマトです。

一般的なミニトマトよりさらに小さく、イクラの一回り大きいくらいのサイズです。
味は爽やかな酸味で、サラダや料理の彩りやアクセントにピッタリなオシャレでかわいいトマトです。

ミニトマトに比べて脇芽の数がかなり多く、露地栽培をするとかなり背丈も伸びます。しっかりと脇芽を取り除いて実の数を限定してあげれば甘みも増します。

脇芽を取らずに放っておくと一株に1000粒以上実がなりますが、甘みが落ちてしまいます。

▶ 白いトマト スノーホワイト

白いトマト スノーホワイトの種

非常にレアな白いトマトの種です。

白いと言っても、ものすごく明るい黄色、もしくはアイボリーという感じですが、たくさんの実の中の一部は、かなり白いトマトも現れます。もしかして日のあたり具合によって色が変わるのかもしれません。

普通のミニトマトと一緒で栽培はとてもカンタンです。
固定種だけあって、野性味が強く、生命力がすごいのでドンドン成長します。

大きな特徴として糖度が結構高いです。酸味が少なめなのでさらに甘く感じます(^^)

▶ イタリアンツリートマト

イタリアンツリートマトの種

イタリアンツリートマトは収穫量が世界一と言われる非常に珍しいトマトです。

通常のトマトより肥料が必要ですが、肥料をあげるごとにグングン伸びていきます。

まるで木のように大きく育つため、日よけにしたり、トマトの垣のようなに仕立てるのもおもしろいです。

そして、なんといってもトマトの味が不思議で、ほんのり塩味なんです!

栽培する土壌や天候によって変わってきますが、なにもつけてないのに塩をかけたような味がするので、通常のトマトより甘く感じます。

とても美味しいトマトでさらに世界一の収穫量!


こんな感じでトマトだけでもとても珍しくて魅力的な品種を育ててきました。

他にも食用ほおずき、ナス、唐辛子、メロンなど、とても素敵な珍しい品種の野菜の種を出品していますので、一度遊びに来てみて下さい。

ヤフオク出品

信太の「珍しい野菜の種」ヤフオクページが開きます




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする