年収低下!?睡眠不足のデメリット!

睡眠不足による年収低下!

指原莉乃さんの年収2億9500万円というゴシップ的なニュースがネットで騒がれていますね。

本当かどうかはわからないですが、自分の年収は誰にとっても気になる重要なことだと思います。

今日はこの年収の低下に関する研究データについてお話したいと思います。




睡眠不足が引き起こす年収低下

日本人の半分以上が睡眠時間に不満を持っていると言われています。

カンタンに言えば、日本人の多くが睡眠不足という悩みを持っているということです。

そして、この睡眠不足と年収は深く関わっているのです。

特に働き盛りの40代の男性、30代の女性に非常に年収への影響が顕著に出ているのです!

なぜ睡眠不足だと年収が低下してしまうのでしょうか?

それは、かんたんに予想できてしまうのではないでしょうか?

日々の睡眠不足によって脳の機能は著しく低下することがわかっています。

誰でも寝不足の時の仕事の集中出来なさを感じたことがあると思いますが、集中力や判断力の低下はもちろん、ヤル気も失せ、ミスも増えてしまいます。

これだけでも年収を低下させる要因になることはわかると思います。

しかも睡眠不足が続くと、非常に強いストレスとして精神的にも肉体的にもダメージがあり、そこから不眠症に移行してしまうこともあります。

過度のストレス、過度の睡眠不足は不眠症からうつ病へと負のステップアップをさせてしまいます。

そうなってしまったら年収低下どころか仕事自体を失うことにもなりかねません。

電通社員の過労による自殺ニュースもありましたが、睡眠不足がどれほど人の命を削ってしまうかがよくわかると思います。

睡眠はストレスを解消させる

睡眠の目的の一つはストレス解消にあります。

1日活動する中で、様々な情報が頭の中に入ります。それを睡眠によって整理、不必要なものは消去する。それによって心の中の心配していることが薄らいだり、癒やされたりするのです。

年収アップの睡眠を削ってども仕事をしようという気持ちはとてもわかりますが、実際それをやりすぎると、本末転倒の結果になってしまうというデータが実際にあることを心に留めたいと思います。

適切な睡眠時間とは?

では、1日に何時間寝ればいいのでしょうか?

それはもう科学的に明確になっています。適度な睡眠時間は7時間です。

それ以下だと眠気を感じ、それ以上だと体は疲れを感じてしまいます。

もちろん個人差はありますが、7時間睡眠を心がけ、睡眠不足による仕事への悪影響をなくし、ヤル気と向上心をもって仕事に取り組み、年収アップをはかりましょう!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする