慢性胃炎の治療にはマヌカハニーがいい!(体験談あり)【慢性胃炎の新常識】

慢性胃炎の治療

ライターHiro
ライターのHiroです。

今日は、私が実際に2年ほど悩まされた「慢性胃炎の改善方法」を実体験を通してお話しちゃいます。

この記事には、慢性胃炎をなんとか改善したい!という方が、検索を重ねてたどり着いてくれたのかなと思います。

そのような方に「ぜひ」読んで頂きたい、慢性胃炎を改善するための「新常識!」を紹介します!

慢性胃炎とマヌカハニー

キーワードは「マヌカハニー」です!

結論から言うと、私は病院で薬をもらい続けても治らない慢性胃炎がマヌカハニーと呼ばれる特別なハチミツで、慢性胃炎が改善しました。

マヌカハニー通販マヌカハニー専用サイト「eマヌカ.COM」が開きます。

慢性胃炎をやっつけろ!Hiroのマヌカハニー体験談

マヌカハニーによる慢性胃炎治療

慢性胃炎をマヌカハニーで改善できるという情報は、慢性胃炎がかなり悪化して、本当に苦しんで、悩んで、希望を無くしていた頃です。

病院では、「一生つきあっていく病気」と言われ、「死ぬまで薬を毎日飲むの?」という不安や「胃ガンになりやすいって本当?」というような将来への不安がつきまとっていました。

しかし現在は慢性胃炎のことをほとんど考えることなく、暴飲暴食などをしないように少し気をつけるだけの生活になりました。

マヌカハニーは、私に「希望と健康」を与えてくれたのです!

私のマヌカハニー実体験を詳しく紹介します。

最初は急性胃炎になってしまったことが始まりでした。

急性胃炎からズルズルと慢性胃炎になってしまい、ちょっと良くなってはまた胃を壊すということを1年以上繰り返していました。

市販の胃薬や漢方薬に頼っていたのですが、ちっとも良くならないため病院で検査をしたところ、ピロリ菌の検査で陽性

すぐに除菌することに。その時マヌカハニーについて知っていれば、その後つらい思いをすることもなかったと思うのですが、知らなかったので、医者に進められるまま抗生物質で治療しました。

治療中は特に副作用は感じられなかったのですが、除菌後いくらかたってから胃酸が上がってくるようになり、逆流性食道炎になってしまいました。

ピロリ菌の退治後に逆流性食道炎になる可能性については後から書きますが、この問題が慢性胃炎と逆流性食道炎、両方の苦しみを背負うことになってしまいます。

胃の方も除菌直後は調子が良くなったかな、と思うこともあったらしいのですが、またちょっと食べては胃を壊すという感じで、慢性胃炎と逆流性食道炎で食べられない日が続き、体重も落ち、髪の毛も抜け、まわりの人達に大丈夫?と心配されるほどに。

長く続く体調不良に精神的にも落ち込んでしまい、「自分はもう治らない」「食べれないから、このまま早死するかもしれない」とふさぎこんでいました。

そんな時にネットで検索して検索して、たどり着いたのが、マヌカハニー!

わらをもすがる思いで購入し、半信半疑で毎日食べ始めました。

まず最初に驚いたのが、その美味しいこと!

普通のはちみつとは明らかに違う濃厚さ。まるで生キャラメルを食べているよう。

生キャラメル

こんなに美味しくて胃もよくなるならそんなにいいことはない、という感じで、慢性胃炎の治療のためでしたが、マヌカハニーをなめるのが毎日の楽しみになりました。

そのうちに変化があらわれてきました。

夜にもなめて寝ていたのですが、朝起きた時に胃が軽い感じがするようなりました。

目覚めてすぐ自分の胃の不快感を感じ、今日も胃が悪いのか…と朝から落ち込む日が減ってきました。

それまでは少し食べるとすぐに胃がもたれる感じで、ちょこっとしか食べられなかったのが、少しずつ食べれる量も増えてきました。

慢性胃炎の特徴として「お腹が減らない」、「空腹を感じない」と言うものがあります。

これは想像以上に怖いもので、ご飯時になってもお腹が減らない自分の体にものすごい不安と「病気なんだ」という恐怖が襲ってきます。

それがマヌカハニーを続けるうちにお腹が減るという感覚が少しずつ戻ってました!

胃粘膜がマヌカハニーによって徐々に修復されて、胃酸が出るようになったのでしょう。

ご飯がおいしい!と感じることが出来るようになったのです。

マヌカハニーで慢性胃炎が治る

今では食事は食べすぎないようにすれば、なんでも食べられるようになりました。

しかも、逆流性食道炎も、食後にすぐ横にならない、寝る時に枕を高くして寝るなどに気をつければ、胸焼けもなく、調子がよくなったのです。これは胃腸の調子が本当によくなったことをあらわしています。

マヌカハニーで慢性胃炎を治療していた頃は毎日マヌカハニーを食べていましたが、実は今はほとんど食べていません。

健康な人でも「今日はちょっと胃の調子が悪いな?」と思うことがあると思いますが、私もそのような時だけ食事の量を少し減らして、寝る前にぺろりとマヌカハニーをひとなめ。

そうすると朝には調子が戻っており、グズグズと胃を壊しません。マヌカハニーのおかげでまた普通に食事をとることができて健康に暮らせるようになりました!

>>すぐにでもマヌカハニーについて知りたい方は、信頼できるマヌカハニー専門ショップ

それでは、慢性胃炎の基本的なことやマヌカハニーについてさらに詳しく紹介します。

慢性胃炎のはじまり

慢性胃炎で食べられない

「近頃脂っこいものを食べると、胃もたれがひどいな。若い頃はそんなことはなかったのに。」

「なんか胃にいつも違和感がある。食欲もわかなくなってきた。」

以前はなんでもおいしく食べられていたのに、胃もたれや、膨満感、不快感がなんだか続いている・・・、それが慢性胃炎のはじまりでした。

そして同じようにそう感じている方は、もしかしたら気づかないうちに慢性胃炎になってしまっているかもしれません。

慢性胃炎であっても症状のない人が50%にものぼるため、成人の多くの人が知らないうちに慢性胃炎になってしまっているという報告もあります。

実際に慢性胃炎と診断されている人は嫌というほど実感していると思いますが、一度なってしまうと慢性的に不快感が続き、症状がひどいと、食べたものがしっかりと消化出来ないのでドンドン痩せていったり、肉などの固いものや脂っこいものを食べて胃が痛んだり、吐いてしまったりと、非常に苦しい状態に悩まされます。

そして、このまま胃がんになってしまうのではないか・・・、と不安にかられたり。

もう少し、慢性胃炎とはどんな病気なのか見ていきましょう。

慢性胃炎ってどんな病気?

慢性胃炎の症状

慢性胃炎はその名前の通り慢性的に胃炎が続く病気です。

胃炎といってもただ炎症を起こしている人だけのは少なく、炎症を何度も繰り返すことが長く続いたために、胃粘膜の修復が追いつかず薄くなって萎縮してしまっている状態の人がほとんどです。

慢性胃炎の症状には次のようなものがあげられます。
———————————
・胃に常に不快感、膨満感がある
・食後に胸焼けや胃もたれをおこす
・お腹が空いている時に胃が痛む
・食欲が起こらない
・吐き気や吐血
———————————

萎縮の状態が悪化していくと、胃粘膜の細胞がガン化して胃がんになるリスクが非常に高くなってきます。

胃がんで亡くなる人は医療の向上にともなって減ってはきましたが、がん患者の中で一番多いのが胃がん患者だそうです。

慢性胃炎の人がすべて胃がんになるわけではありませんが、胃がんの大部分が慢性胃炎から起きていることも事実。なので、慢性胃炎を放っておくことはとても危険です。

慢性胃炎の原因は何?

ピロリ菌

原因は乱れた生活習慣、ストレスなどありますが、現在では一番の原因はピロリ菌だと言われています。

ピロリ菌は胃酸の弱い幼年期に胃の粘膜にもぐりこみ、アンモニアをだして胃酸を中和して住み着きます。

長い間ピロリ菌に感染していると、ピロリ菌の出すアンモニアによって胃粘膜が荒れ、またピロリ菌を追い出そうとする免疫作用により、胃が自ら炎症をおこすことによって慢性胃炎が悪化していきます。

慢性胃炎に胃薬は危険!?

胃薬は危険

胃が痛んだりもたれたりするとすると、安易に胃薬を飲めば治るだろうと制酸剤を飲むことが普通になっていませんか?

でも、ちょっと待って!慢性胃炎の場合、胃薬を飲むことによって状況を悪化させてしまうことがあるのです。

慢性胃炎による胃もたれや胸焼け、膨満感などの多くは、胃粘膜が萎縮する時に胃液を分泌している細胞線が一緒に萎縮してしまい、胃酸が減ることによっておきています。

萎縮がまだそんなにひどくなく胃酸がしっかり出ている状態であれば、胃酸を抑えている間に炎症や痛みを軽減させることができます。

しかし、胃酸が少ない状態で良くならないからといって制酸剤を飲みつづけていると、ただでさえ胃酸が減っているのに、さらに使われなくなった腺細胞の機能が低下していき、胃酸がほとんど出ない無酸症におちいってしまうことさえあります。安易に自己判断で薬に頼り続けることは危険を伴います。

ピロリ菌除菌の落とし穴

逆流性食道炎

慢性胃炎は薬で一時的に良くすることはできても、治すことはできません。まずは原因を取り除くことが大切です。

慢性胃炎の大半がピロリ菌が関与しているので、まずはピロリ菌が胃の中にいるのかどうか検査を受けましょう。もし、ピロリ菌がみつかれば除菌する必要があります。

一般的な除去方法は、胃酸を抑える薬と2種類の抗生物質を朝晩2回、一週間飲み続ける方法です。この治療で7割から8割の人が除菌に成功しますが、除菌できなかった場合さらに強い抗生物質を1週間飲みます。それで8割~9割の人が除菌に成功します。

しかし抗生物質による除菌は薬が強いため、

・便が柔らかくなったり、下痢になる
・血便が出る
・カンジダにかかる
・熱が出る
・味覚がおかしくなる
・お腹が痛くなる
・発疹がでる、かゆくなる

などの副作用が起きる場合があります。これは強い抗生物質を長期間服用するため、腸内の有用菌まで除菌してしまうため、腸内環境が悪化し、免疫力が下がるなどするためです。

また、ピロリ菌を抗生物質によって除菌した場合、その後逆流性食道炎になってしまうことがあります。症状としては、食後に胸焼けがひどい、胸の痛み、のどの違和感、酸っぱい水が上がってくるなど。

つらい慢性胃炎を治すためにピロリ菌を退治したのに、逆流性食道炎にまでなってしまっては踏んだり蹴ったりですよね。

ピロリ菌を除菌すれば慢性胃炎は治るの?

ピロリ菌と慢性胃炎

つらい胃の不調、ピロリ菌の除菌に成功すればスッキリして、もう胃の不調に悩まされることはないのでしょうか?

確かにピロリ菌を除菌したら良くなったという人も多くいます。しかし、除菌したけれど慢性胃炎がまだ続いている、病院に通ってその後も薬を飲み続けているが良くならない、という人もまた多いのが事実です。

なぜかというと、ピロリ菌の除菌の成功は、ピロリ菌が胃の中からいなくなるということであって、それまでに萎縮してしまった胃粘膜を元に戻すものではないからです。

ピロリ菌がいなくなることで、萎縮性胃炎の初期の人は萎縮した胃粘膜が徐々によくなっていきますが、胃粘膜の萎縮がひどい人はそう簡単にはよくならず、不調が続くことがあります。

そして、前述したように病院に通い、胃液を抑える制酸剤をだされて飲み続けるうちに、どんどん萎縮がひどくなってしまったり、除菌後の逆流性食道炎の二重苦に悩まされ続けることも。

じゃあ、ピロリ菌を除菌しても意味が無いのかと言うとそうではありません。ピロリ菌がいない胃の方が、その後の治療方法をまちがえなければ良くはならなくとも、悪化しにくいからです。

また、ピロリ菌が原因でおこる胃潰瘍や胃癌のリスクがかなり低くなるという効果も期待できます。

もっと言えば、ピロリ菌によって慢性胃炎になっているということは、胃潰瘍や胃癌のリスクを抱えているということなので、慢性胃炎の改善だけでなく、胃がんにならないためにも「安全なピロリ菌の除去方法」が必要になってくるのです!

そこでマヌカハニーよるピロリ菌の退治が注目されはじめたということです。

マヌカハニーで安全にピロリ菌退治!

マヌカの蜜を集めるハチ

マヌカハニーというのは、ニュージーランドに自生しているマヌカという木の花からとれるはちみつです。マヌカは昔からニュージーランドの先住民たちが、ケガや病気などの治療に利用しており、様々な効能があります。

その中でも注目すべきなのが、高い殺菌、消毒作用です。強い殺菌成分の植物メチルグリオキサールが地球上で最も高濃度に含有されているので、ピロリ菌に対して強い除菌効果をもたらします。

抗生物質で副作用に苦しみながら除菌しても、何割かの人は除菌に失敗してしまいます。

抗生物質で除菌しきれなかったピロリ菌は薬に対して耐性を作ってしまうので、さらに除菌することはとても難しくなるのですが、しかしある実験では耐性のピロリ菌を持つ患者数人に8週間マヌカハニーを摂取してもらったところ、全員の除菌に成功しました。

そんな強い殺菌作用があるにも関わらず、マヌカハニーには抗生物質を用いた除菌治療のようなつらい副作用はまったくなし。

なぜかというと、ピロリ菌だけでなく腸内の有用菌まで無差別に除菌してしまう抗生物質とちがって、マヌカハニーはなんとピロリ菌や大腸菌やウイルスなど、体の害となるものだけピンポイントで除菌できるからです。

しかもそれだけでなく、腸内の有用菌である乳酸菌などの善玉菌を、活発化させてくれることがわかっています。

腸内細菌のバランスは人の免疫と深く関わっており、強い抗生物質などを多用すると腸内細菌が死んでしまうため、免疫力下がることによって、様々な不調や病気にかかりやすくなってしまうことに。

それとは逆に、マヌカハニーは副作用がないだけでなく腸内環境をよくしてくれるので、ピロリ菌除菌後も免疫力を落とすことなく、逆に高めて、慢性胃炎が良くなるのを助けてくれるのです。

炎症を抑えて、傷の回復を早めるマヌカハニー

マヌカハニー抗炎症作用

安全にピロリ菌を除菌し、免疫力まで高めてくれるマヌカハニー。これだけでも慢性胃炎の人にとってかなり嬉しい効能ですが、慢性胃炎に長い間苦しんでいた人にとって、さらに嬉しい効能がマヌカハニーにはあるんです。

それは、「高い抗炎症作用」「ダメージをうけた組織の回復を早める作用」があるんです。

マヌカハニーの本場であるニュージーランドではその効能が実証されており、病院で処方薬や治療薬としてマヌカハニーが日常的に使用されています。

最近では日本でも、その効能の高さから医療現場にマヌカハニーを取り入れる病院も。術後の傷口などにマヌカハニーを塗って化膿を防ぎ、傷の回復を早めるというといった使い方をしています。

ピロリ菌を除菌しても炎症や萎縮がなくなるわけではないので、その後も長い間胃炎に苦しむ人がいるということを前述しましたが、マヌカハニーを摂取すると胃粘膜を修復し、胃が回復するのを助けてくれるので、不調が続くということがなくなります。

長い間悩みのタネだった胃の不調とサヨナラすることができるのです。

慢性胃炎を治マヌカハニーの効果的な食べ方は?

効果的なマヌカハニーの食べ方

マヌカハニーによるピロリ菌の除菌方法は、とても簡単。

ティースプーンに1杯ぐらい、5ml~15mlのマヌカハニーを空腹時に、1日3~4回なめるだけです。

お腹の中に何も入っていない空腹のときのほうがダイレクトに胃粘膜に効くので、各食事の1時間前と寝る前がおすすめ。

寝る前に食べても虫歯にならないの?と心配される方もおられると思いますが、大丈夫!マヌカハニーは高い殺菌作用により、虫歯の菌にも効くからです。

寝る直前にとると寝ている間は胃は消化活動がおさえられますので、その間に胃粘膜を修復するのを助けてくれます。

マヌカハニーをなめた後は、すぐに何か食べたり水を飲んだりということは控えたほうがいいでしょう。せっかくなめたマヌカハニーの効果が薄まってしまうからです。

食べる前と、食べた後さえ気をつければ、後は特に普通の食事をしても構いません。

抗生物質でピロリ菌を除菌する場合は、強い薬ですので胃にも負担をかけ、また腸内細菌の死滅により腸内環境が悪化するため、除菌治療中はアルコールやカフェインなどをさけ、極力消化に良いものだけをとるなどいろいろ規制があります。

それと比べると、マヌカハニーによる除菌治療はとても安全で簡単ですので、治療に踏み切るハードルがぐっと低くなりますね。

本当に効くマヌカハニーの選び方!

マヌカハニーの選び方

今までお伝えしてきたマヌカハニーによる慢性胃炎の除菌、治療ですが、どのマヌカハニーを使用するかは注意が必要です。

近年マヌカハニーがブームになっため、ドラッグストアなどで比較的手軽に入手できるようになりました。

しかしマヌカハニーは年間に1,600tしかとれないのに対し、販売量は10,000tという現状が。つまり、その矛盾した状況は多くのマヌカハニーがまがい物ということをあらわしています。

もちろん、まがい物では期待される効果は得られません。

正しく効果が得られるマヌカハニーかどうかを判断する一つの基準が、メチルグリオキサールが高濃度で入っているかどうか。

同じマヌカハニーでもとれる場所や採取方法によって有効成分の濃度が変わってくるので、しっかりと調べる必要があります。

メチルグリオキサールの含有量はUMFMGOという数値で表示されていますので、これが少しややこしいのですが、カンタンに言えばその数値が高ければ高いほど、医療的な効果が期待できます。

ピロリ菌を除菌したり、すぐに慢性胃炎をなんとかしたい!というのであれば、UMF+20以上のものか、MGO400以上のものがいいでしょう。

わが家はより高い効果を期待したかったので、MGF550~600のものを使用しました。思った通り効果はバツグンでした。

この慢性胃炎に効くメチルグリオキサールが高濃度のマヌカハニーは残念ながらドラッグストアなどには売っていませんので、マヌカハニー専門店のオンラインショップで購入する必要があります。

しかも高濃度のマヌカハニーを販売しているショップは非常に数少ないので、以下に紹介します。

高濃度のマヌカハニーはとにかく高価ですが、病院に定期的に通って治療代、薬代を出すことを考えると、ある意味コスパはかなりいいと思います。

MGO400以上マヌカハニーマヌカハニー専用サイト「eマヌカ.COM」が開きます

最強のマヌカハニー!

ストロングマヌカハニー
ストロングマヌカハニー専門店BeeMeが開きます

実は、最強のマヌカハニーと呼ばれるものがあります。

MGO400以上の物が効果的と書きましたが、とんでもない数値を記録するマヌカハニーが存在します!

なんとMGO860MGO1100です!

ニュージーランドに住む「日本人」によって、愛情をこめて丁寧に作られた他に類を見ない高濃度のマヌカハニー、その名も「ストロングマヌカハニー」です。

本当に特別なマヌカハニーの為、値段的にはかなり高額です。
お金に余裕のある方や、かなり慢性胃炎が悪化している方は一度試してみて下さい!

>>【公式サイト】ストロングマヌカハニー専門店BeeMe

マヌカハニーで、長い間苦しんできた慢性胃炎とさよならしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする